ケースの種類と利点|iphone5やiPhone5sのケースについて詳しくご紹介!

iphone5などの携帯を買うならケースの種類や素材も知っておこう

ケースの種類と利点

女の人

手帳型ケースの特徴

手帳型ケースは、手帳のような感覚でケースを閉じたり開いたりすることが可能です。手帳型ケースに使われる素材の多くは革や布ですので、高級感を出すことも出来ます。ではこの手帳型ケースの利点について説明していきますね。まずは携帯全体を手帳型のケースで全てカバーしているので落としても携帯への衝撃が少ないです。また、よほどのことが無い限り画面に傷がつきません。手からスルスルと携帯が落ちる心配もありませんし、机や床に置いた時でもバイブ音が気になりません。またケースの内側にカードがしまえるので、クレジットのみでしたら財布を持たなくても良いです。このような利点から最近とても人気の高い携帯ケースとなっています。

バンパー型ケースの特徴

バンパー型ケースとはiphone5などのiPhoneの側面部分だけをカバーするケース。携帯に着ける前は長方形の輪っかのようなアイテムです。バンパー型ケースの利点は、iPhoneのデザイン性を損なわない作りになっています。背面のアップルのマークをちゃんと見せることが出来ます。アイテム自体の価格もお求めやすいです。iPhoneは落とした時などに側面部分に傷がつきやすいので、側面が傷つかないです。アイテム自体にカラーが入っているものが多いので、携帯のデザインが少し変化しているように見えます。

バッテリー内蔵型ケースの特徴

ケースにバッテリーの機能が内臓されているケースです。携帯のケースがiPhoneを充電してくれるので、長時間携帯を触っている方にはとてもおすすめのアイテム。最低でもフル充電1回分が可能です。しかしバッテリーが内臓されている分、他のケースより少し重くなっているので、購入の前にきちんと確認しておきましょう。

素材別のケース特徴

ポリカーボネート

プラスティックの一種であるポリカーボネートは、ハードケースの素材として使われることが多いです。光沢感があり硬い素材で、削れたりすることもないです。透明なケースも出ているので、iPhoneのデザイン性をそのままにして利用できます。

シリコン

シリコンはとても柔らかいので耐久性が抜群です。立体感のあるキャラクターのケースの素材としてもとても人気があります。シリコンには完全に透明なケースはなく、半透明のものがほとんどです。シリコンが汚れたら、洗って自然乾燥出来るので、清潔に保つことも出来ます。

TPU

TPU素材とは、弾力がゴムのようにあり、傷や衝撃にとても強い素材。イメージとしては、ハードケースとソフトケースの中間といったところでしょうか。分類としてはソフトケースになります。シリコンよりもゴムのような硬さがあるのが特徴で、スマホのボディ部分に採用されることもあります。

レザー

ケースによって牛革やフェイクレザーを使っているものがあるので、値段はピンキリです。主に手帳型ケースで使われることが多いでしょう。良い革素材のものであれば、耐久性もありますし、素材に味が出てオシャレになっていきます。

広告募集中